Something Blue (A Wedding Portrait)

Something Blue (A Wedding Portrait)

2014-06-27

A Self-Portrait 2  自画像制作 2



Hi, I'm back.

Here is the finished painting of my portrait.
It's completely different from the draft, isn't it?
My daughter was really shocked, she raised her voice and got angry with this painting.
What do you think?

Normally, artists doesn't say much about their own art works, but this time I would like to tell you a little about the story behind it.


To tell the truth, I live while being hurt and being almost discouraged.

Sometimes I get scared and I feel like  I'm close to losing all hope,

but I'm not the only one I guess.

Let's have the courage to share our feelings with a smile and do the "Happy Hug".


11. 3. 2011, the Great East Japan Earthquake changed my feelings about life completely.
My sensible mates in Australia cheered me up and gave Japan support.
I was deeply grateful for this and it gave me a renewed sense of what it meant to me to be Japanese.

On that day, a woman was swept away by a huge tsunami.
She was sinking, gradually losing consciousness. Looking up at the sunlight from under the water, she thought "I'm dieing..." and was on the point of giving up.
At that moment, she recalled her son's face and she decided that she would survive, no matter what it took.
She finally escaped from the water and after that she was able see her lovely son again.
I was moved and inspired by this story, so I decided to use it as the theme of my painting.

Also, to my family, I usually find it hard to say thank you or I'm sorry, but I often say it with a 'Happy Hug'.



"Happy Hugs"
121.8cm×182.8cm (48"×72")
pencils, Sumi (Japanese Ink), water colour, acrylic colour on stretched canvas with gesso and aqua primer.  Fixative for water-colour for a fixing solution.




こんにちは。

今回は、完成画をご覧いただきます。
前回の自画像の下絵からは、想像もつかなかったかもしれません。
ぼくの娘がこれを見た時は相当ショックだったようで、 声を上げて怒りました。
皆さんのご感想はいかがですか?

本来 作品には説明があまりあってはなりませんが、これから少しお書きする内容を 鑑賞の手掛かりにしていただければと思います。


本当は ぼくは傷ついて 挫けそうになりながら生きている

怖くて希望を失ってしまいそうになる時もある

でも そうなのは ぼくだけじゃない

勇気を出して、笑顔で気持ちの分かち合い(Happy Hug)をしよう。


2011年 3月 11日の東日本大震災は、ぼくの生き方を変える出来事でした。
オーストラリアの心ある方々からの励ましは、深い感謝と同時に ぼくの日本人としての自覚を新たにしました。

震災当日、津波に呑みこまれたある被災者の方の話です。
散々もがき苦しみ、水中から見える太陽の光を眺めながら、段々と意識が薄れ『もう、だめだ・・・』と諦めかけた時、ふと小学生の息子さんの顔を思い出してハッと我に返り、最後の気力を 振り絞って自力と周りの援助で九死に一生を得、無事に生還されました。
その方は、後に笑顔で息子さんとの再会を果たしたそうですが、ぼくはこの話に 娘を持つ親として自分を重ね合わせ、とても心が動かされました。
そして、今回 この自画像を描く際の一つの象徴にしようと思いました。

さらに個人的には、普段は面と向かってなかなか言えない家族へ、日頃の感謝とおわびの気持ちも込めて筆を取りました。



作品名: ハッピー・ハグ (Happy Hugs)
サイズ: 121.8cm×182.8cm。
使用画材: 鉛筆、水彩絵具、墨顔料、アクリル絵具。
使用画面の素材: 木枠キャンバス布の上に地塗り剤のジェッソと水彩画用アクア・プライマーのコーティング。
画面定着液: 水彩画用フィキサチーフ


 2014年 6月 27日(金)


No comments: