Something Blue (A Wedding Portrait)

Something Blue (A Wedding Portrait)

2013-11-21

Landscapes in the Attic 5    お蔵入りの風景画 5





Good morning!

This is the last art work from "Paintings in the Attic" series.

This is Treasury Casino in Brisbane.
I draw this with a drawing pen and this is one-take drawing style.
Starting with a pen directly to the paper and without using any draft line, pencil for example.
This is also a good training for you.

I've been self-taught with a very unique book the title is "Rendering in Pen and Ink" for a long time.
This book was written by Arthur Guptill in 1976.
I have a book which published 1979 in Japan.
This is one of my drawing bible.

It's also show me the different approaches between Western and Eastern way of drawing.
If you love to draw, this book is more than worth for you. I strongly recommend.
http://www.amazon.co.jp/Rendering-Pen-Ink-Techniques-Illustrators/dp/0823045293/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1384979611&sr=8-2&keywords=Rendering+in+Pen+and+Ink




おはようございます。

今日で、”お蔵入り” シリーズは最終回です。

このペン画は、以前 ぼくが水彩画でご紹介した、ブリスベンにあるトレジャリー・カジノです。
表現の仕方が全く違いますよね。http://gatashan48.blogspot.com.au/2013/09/treasury-casino.html

方法は違っても、描く心意気は全く同じです。
白紙の画用紙に ペンで直接描き始めるので、全くの一発勝負です。
わざと鉛筆などでのガイドラインや下描きは行いません。
集中力を養うためです。
(ただし、ペンで基準点を打つ方法は使っています。この方法については、改めてまたの機会にご紹介します。)


ぼくは、長い間 あるユニークな本を参考に 独学で学んできました。
その本というのは、A. L. グプティル 著 『ペンで描く』です。
オリジナルは1976年に出版されましたが、ぼくが購入したのは、1979年にマール社から出版された 翻訳版です。
この本は ぼくにとって、本当に大切なドローイング・バイブルのひとつです。

この本から、東洋と西洋の描線についてのアプローチの違いも よく分かるようになりました。
現在も出版されています。http://www.amazon.co.jp/ペンで描く―スケッチから細密描写まで-A-L-グプティル/dp/4837301118
描線での表現を学ぼうと思っている方には、想像以上の価値があります。
本当にお勧めしたい一冊です。〔別に、紹介料をもらったりしているわけではありませんよ(笑)。〕

それでは、今日も楽しい一日を!

2013年 11月 21日(木)




No comments: